保険契約を見直しする場合、いろいろな方法があります。

現在契約している保険契約を見直す場合、単に解約をしたり保険料の支払を止める「払済処理」をして、新たに契約をする事だけが見直しではありません。

保険会社によっては、「保険契約の変換」という手続きが行える場合があります。

よく保険契約の転換と間違われますが、転換と変換は違う制度です。まずは簡単に保険契約の転換を説明します。

保険契約の転換とは、既存の契約の解約返戻金を下取りして新たに保険に加入する方法です。

 

period_img01

 

転換制度を利用するメリットは、増えた部分の保障に解約返戻金を充当させるので、保険料負担はありません。これにより、従来払っていた保険料に近い金額で保障を大きく増やす事が出来ます。

反対にデメリットとしては、それまで積み立てられていた解約返戻金が一時払い保険料に充当されるので、将来的にはなくなってしまいます。さらに予定利率は転換後の契約時の予定利率が適用されるため、過去に契約した保険の方が予定利率が高い場合には、予定利率が引き下げられてしまいます。

あとは、転換制度で契約する場合には、転換時に健康状態に関する診査・告知が必要になります。

これに対して変換制度は、既存の保険商品を変更する制度です。

 

period_img02

 

変換制度のメリットは、前契約の保険金額以内であれば、無診査・無告知で変更が出来るという点と、終身保険の様に解約返戻金が貯まっている保険契約から掛捨ての定期保険に変更する場合には、貯まっているお金が返戻されながらも保障が確保出来るという点です。

但し、変換する際の年齢に応じた保険料が適用されますので、掛捨ての保険から積立の保険へ変換する際は保険料がかなり上がってしまいます。

この制度を上手く活用すれば、保障を切らす事なく決算状況に応じた保険商品へアレンジする事が可能になります
※変換制度の取扱は保険会社によって異なりますので、事前にご確認下さい。

この保険契約以外にも、保険期間を延長させる【延長】や、保険期間を短縮する【短縮】を活用する事により、既存契約を上手に活かせる場合もあります。

実際に、契約した当初の目的から状況が変わり、保険契約を見直ししなければならないケースは多いです。その様な時に、単に既存契約を解約して入り直したりする事なく上手に活用する事も可能です。

保険契約の見直しを検討されている方も、是非一度お気軽にご相談下さい。